トレーニング

Zwiftを始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はじめまして

TEAM AVANTE ZwiftプレイヤーのHoriです。

今年の日本海側は雪のひどい日が続いて外をロードバイクで走る機会がないよ~という方が多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが全天候型サイクリングMMO「Zwift」です。
今回はZwiftについて書いていいよと言われたのでZwiftの魅力と導入方法をご紹介します!

 

 

Zwiftの魅力

・24時間いつでもできる!
たとえ天気が悪くても、仕事終わりで日没後であっても自転車に乗ってアプリを起動するだけでいつでもライド出来ます。自宅なので外のライドみたいに帰りの心配をする必要はありません(๑•̀ㅂ•́)و✧

・魅力的な風景のコース
ZwiftではWatopia、London、Richmondの3種類のステージが用意され日替わりで走ることが出来ます。実際の地形や建物を再現されていたり、雪山、火山、ジャングルに海中道路などバラエティ豊かなコースとなっており、走っていて飽きがこないコースになっています。

さらにスマートトレーナーでプレイすると坂道に応じて負荷が変化するため実走に近いライドを楽しむことが出来ます!

・世界中のサイクリストと競い合える!
コースの途中には周回コース、スプリントや山岳などタイム測定を行う区間が設定されています。走行中に自動でタイム測定され、左側にランキング形式で表示されます。1位になったプレイヤーにはその区間の特別なジャージが与えられます。

・毎日レースやイベントが開催される
ガチな人にはレースイベントもお勧めです。Zwiftは毎日レースが行われていてスタート直前まで自由に参加することが出来ます。対戦相手がいるので普段一人では踏み込めない強度まで追い込めます。ちなみに上位に付くにはスタートからポジション確保に向けて全力のスタートダッシュが必要になります。世界の剛脚達にちぎられないよう頑張らねばなりません(^o^;)

・トレーニングモードも充実
もちろんレースに向けたトレーニングメニューもたくさん用意されています!
FTP値の測定が出来るメニューもあるので自分の力量にあったトレーニングメニューを組むことが出来ますよ。

Zwiftを始めるには何が必要か

Zwift面白そうだけどやり方がわからない!という方のためにやり方をググってまとめてみました。セッティングに関しては特に難しいところはないはずです。

①まずアプリのダウンロード

http://bit.ly/zwiftdl

上記のサイトからアプリをDL、インストールしてゲームが起動できるか確認しましょう。体験版は7日間か25㎞走るまでプレイできます。

②プレイに必要な機材を揃える

下の5つの組み合わせの内どれかを揃えたらOK!

PC版の場合
・自転車+スマートトレーナー+ANT+受信機
・自転車+ローラー台+ANT+受信機+パワーメーター
・自転車+ローラー台+ANT+受信機+スピードセンサー(ANT+)

iOSの場合
・自転車+スマートトレーナー(Bluetooth対応)
・自転車+ローラー台+スピードセンサー(Bluetooth対応)

ANT+受信機は密林だと3000~5000円位で売ってます(  http://amzn.to/2GE107k )。
こいつをPCに挿すだけでセンサーを認識してくれるのでかなり楽ちんです♪

あとはアプリを起動して、下画面の様にパワーメーターかスピードセンサーを認識したら準備完了(ง°`ロ°)ง

③初回はプレイする前に簡単なアカウント作成があります。
詳しいやり方はMinouraのHPに動画がありますのでそちらもチェックしてください。

④必須ではないけど欲しいもの

    • 扇風機 (リモコンでも操作できるやつがベスト)
    • 心拍計
    • ヨガマットやスウェットネット(滴る汗対策)
    • スマホホルダー(iphoneプレイなら必須)
    • ローラー専用タイヤとホイール
    • HDMI端子とディスプレイ (iOSの画面をテレビに出力して大画面で楽しめる)
  • USB延長コード(センサーの通信がよく途切れる場合)

プレイを始めるとこのあたりが欲しくなってくるはず…ですが、あくまでプレイ中にあると便利なので徐々にそろえてもいいと思います。

これでいつでもZwiftを始められるはず! この冬はZwiftトレーニングで春から本気出すライバルたちと差をつけましょう!

 

iPhoneでズイフトをやるには


コメント

コメントを残す

*